タッチして電話をかける 無料お見積りフォームはこちら LINE@写メ見積り
ページトップへ戻る

遺品整理で出てきた着物どうしますか?後悔しないようにおすすめの処分方法をご紹介したいと思います。【情野 なおみ】 | 遺品整理・特殊清掃プロアシスト

西日本 東日本 中日本 四国

電話でのお問い合わせ お見積もり LINE@写メ見積り

  • 遺品整理
  • 特殊清掃
  • 生前整理
  • ゴミ屋敷
  • 空家整理
  • 供養焚上

スタッフブログ

スタッフブログ

遺品整理・特殊清掃プロアシスト > スタッフブログ > 西日本スタッフブログ > 遺品整理で出てきた着物どうしますか?後悔しないようにおすすめの処分方法をご紹介したいと思います。【情野 なおみ】

スタッフブログ

9月 20 2020年
遺品整理で出てきた着物どうしますか?後悔しないようにおすすめの処分方法をご紹介したいと思います。【情野 なおみ】

皆様、こんばんは。㈱プロアシストの情野なおみと申します。
私は、ご遺品の着物リメイクを担当させていただいております。遺品整理で後悔しないように、着物の再利用方法を ご紹介したいと思います。




遺品整理で出てきた着物どうしますか?身内の方が亡くなった時の遺品整理には、特別な思いが入るものです。故人との思い出に 浸りながらの整理中に着物がでてきた時 どうしたらよいか分からない という方が多いのではないでしょうか?ご遺品の着物の処分方法には、廃棄する・再利用する・買取りしてもらう・形見分けするなど いくつかの方法があります。


ー目次ー


・着物リメイク

・形見分けとは

・まとめ


・着物リメイク

ご遺品整理でもっとも悩むお品は、「 着物 」だと言われています。着物に関しては、保管に場所をとる、売っても二束三文、自分で着るにも 柄が古い、そもそも着物は着ないかといって捨てることは出来ない、など、どうしたらよいのか分からないというお声をよくお聞きします。

そのようなときにお勧めするのは、「 着物(形見)リメイク 」 です。着物の素材は、しっかりとしていて 柄が美しいので、リメイクに向いています。私が、二十数年かけて 培ってきた 縫製技術で、故人様が 生前に大切にされていた 着物 や 帯 を手放すのではなく 新しい形に生まれ変わらせ、思い出を バッグ や 小物 として よみがえらせていただきます。「 着物(形見)リメイク 」することによって、形見分けしやすくなります。




・形見分けとは

生前 故人が愛用していた  着物や洋服  時計や服飾小物  書籍や筆記具  その他 生前に集めていたコレクション  などが 形見にあたります。
その形見を 親戚や友人に分けることを、形見分け といいます。  形見の品を通して故人様を偲び、故人様と過ごした大切な時間を思い出したりするために 行われます。




・ まとめ

「 着物(形見)リメイク 」のご依頼の経緯は様々です。お客様の着物に対する思いや、ご希望・ご要望 を 細かくお聞きし 一つ一つ 心を込めて 丁寧にリメイクさせていただきます。遺品整理で出てきた着物に 悩んだら ぜひ 相談してください。お預かりした着物や帯など、お客様の思いを大切にしながら いつも 身近に接していられるよう 新しい形へと仕立て直します。