タッチして電話をかける 無料お見積りフォームはこちら LINE@写メ見積り
ページトップへ戻る

「物が片付けられない」は家財整理で解決 遺品整理・生前整理専門会社 | 遺品整理・特殊清掃プロアシスト

西日本 東日本 中日本 四国

電話でのお問い合わせ お見積もり LINE@写メ見積り

  • 遺品整理
  • 特殊清掃
  • 生前整理
  • ゴミ屋敷
  • 空家整理
  • 供養焚上

知って得する豆知識

知って得する豆知識

遺品整理・特殊清掃プロアシスト > 知って得する豆知識 > 「物が片付けられない」は家財整理で解決 遺品整理・生前整理専門会社

知って得する豆知識

1月 27 2020年
「物が片付けられない」は家財整理で解決 遺品整理・生前整理専門会社

「物が片付けられない」は家財整理で解決

 

物を片付けられずに不用品が溜まってしまう、また身内が家にゴミを溜め込んで困っているケースが最近問題視されています。このような場合、居住空間の確保や衛生面においても、「家財整理」や「ゴミの処理」が必要になってきます。物やゴミが増えてしまう理由は色々考えられ、精神的な面も関わってきます。単に片付けるだけでは解決しない場合も多いです。


【①】ものを捨てられない理由


【②】整理すると心もスッキリとする


【まとめ】




【①】ものを捨てられない理由
ものを片付けられない、捨てられないきっかけは様々です。核家族が多い現在では、一人暮らしの高齢者も増えています。元気に動けるうちは良いのですが、年齢を重ねていくうちにゴミを出すことや片付けることが億劫になり、だんだんと物が溢れてしまうことがあります。また、認識の衰えや頑固になっていくことで、「ゴミではなく財産」と考えてしまい、周りの人たちも困惑してしまうケースも少なくありません。このような場合、ゴミを捨て整理整頓をしたとしても本当の解決にはなりません。解決方法の糸口として、こうなった「最初のきっかけ」がキーワードになってきます。




【②】整理すると心もスッキリとする
物を捨てることが出来ない心理には、「勿体ない」や「いつか使うかも知れない」といった気持ちがある場合が多いです。せっかく買ったものだから、今は使っていないけれどこの先使うかもしれない、などと一度は考えることは誰でもあります。捨てられなくてそのまま溜め込んでしまう人はその傾向が強く、気持ちを切り替える必要があります。考えるだけでは解決することは少なく、思い切って「家財整理」をすることで解決できる場合があります。

家財整理は、必要なものと不必要なものに分別して、要らないものは捨てたりリサイクルに出したりする行為です。ただ行うのではなく、その品と向き合うことで心がスッキリとして物を溜め込む気持ちもなくなっていくのです。例えば、とても気に入っていた洋服があるとします。でも十年以上も袖を通していません。その洋服には思い出や思い入れがあるでしょう。でも、ここでその気持ちと向き合い、心の整理をするのです。「もう十分に着て楽しい思い出も出来た、ありがとう」などと考えて気持ちを切り替えて処分しましょう。そうしていくことで、楽しく前向きに生活することが出来る可能性があります。



【まとめ】
「勿体ない」などの心理的な影響で、物が捨てられず溜まってしまうケースがあります。そんな時は、思い切って家財整理、即ち「断捨離」してみましょう。高齢で一人では困難な時は周りの人と一緒に行いましょう。本人が納得しない場合は、専門の業者に依頼すると案外すんなりと解決できる時があります。