タッチして電話をかける 無料お見積りフォームはこちら LINE@写メ見積り
ページトップへ戻る

「遺品整理」の在り方と「遺品整理士」 大阪遺品整理・生前整理専門会社 | 遺品整理・特殊清掃プロアシスト

西日本 東日本 中日本 四国

電話でのお問い合わせ お見積もり LINE@写メ見積り

  • 遺品整理
  • 特殊清掃
  • 生前整理
  • ゴミ屋敷
  • 空家整理
  • 供養焚上

知って得する豆知識

知って得する豆知識

遺品整理・特殊清掃プロアシスト > 知って得する豆知識 > 遺品整理の豆知識 > 「遺品整理」の在り方と「遺品整理士」 大阪遺品整理・生前整理専門会社

知って得する豆知識

1月 08 2020年
「遺品整理」の在り方と「遺品整理士」 大阪遺品整理・生前整理専門会社

「遺品整理」の在り方と「遺品整理士」

 

大切な人が亡くなった後に残るものは哀しみと思い出だけではありません。現実には、故人が生前使っていた日用品や大切にしていたものなどを整理する、ということが待っています。「遺品整理」は、残された家族で故人を偲びながら行うものですが、現代の家族の形ではなかなか難しいものもあります。特に故人が一人暮らしをしていた場合は、家財道具などの数も多く家族だけでは大変な作業となるでしょう。


ー目次ー


【①】遺品整理を業者に頼む


【②】「遺品整理士」という仕事


【まとめ】





【①】遺品整理を業者に頼む

物の整理や片づけは、ゴミも分別する必要があり、昔よりもより時間のかかる作業です。では、どのようにすれば故人の想いと家族の気持ちを尊重して「遺品整理」を行えるのでしょうか。


最近は、遺品整理を業者に頼むという方が増えてきました。よく耳にする「便利屋」、「清掃サービス」などの業者や引っ越し業者も、遺品整理や部屋の片づけ等のサービスを行っている業者も増えています。業者に頼むメリットは、作業が早くゴミも処分してくれることです。しかし、デメリットの部分として、遺品に対する思いやその価値も関係なくゴミとして扱われる可能性があることです。そこで、必要となってくることは、たとえ業者といえども「家族の気持ちに寄り添って丁寧に遺品の整理」をしてくれることではないでしょうか。



【②】「遺品整理士」という仕事

遺品整理を仕事として代行するには、法律や規制などが関わってきます。また、「業務」となると仕事として捉えがちですが、故人の残した物を「供養」するという気持ちが必要です。そのような心構えを持った仕事に対する資格が存在します。それは、遺品整理に関わる法規制や正しい処理方法、供養をする心などを学び理解して行うことが出来る「遺品整理士」です。


遺品整理士は、遺品整理の専門家です。一般の業者と違い、遺品を正しく整理して、廃棄するものとリサイクルできるものに分別する知識を持っています。遺品整理を遺品整理士や遺品整理士がいる業者に依頼することは、少なからず安心感を得られます。この先、ますます遺品整理業者の需要が増える中、この遺品整理士という資格も必要となってくるでしょう。



【まとめ】

遺品整理とは、家族が故人のことを思いながら故人が残した物を整理していく作業のことです。忙しい毎日の中、その時間さえも作ることが難しい時には、業者に頼むという一つの方法があります。その中の遺品整理士は「遺品整理」のプロです。



故人が愛用していたものを捨てるのには抵抗がありますが、リサイクルできるものはリサイクルをして整理していくことも供養の一つなのです。