タッチして電話をかける 無料お見積りフォームはこちら
ページトップへ戻る

空き家整理|遺品整理・特殊清掃プロアシスト
大阪を中心に関西・関東・四国一円に対応する遺品整理士認定協会が推薦する優良事業所です。

西日本 東日本 中日本 四国

  • 協会公認
  • 損害保険加入

お見積もり
お問い合わせ

  • 遺品整理
  • 特殊清掃
  • 生前整理
  • ゴミ屋敷
  • 空家整理
  • 供養焚上

空き家整理

空き家整理

ホーム > 空き家整理

空き家整理サービス

空家整理とは、空き家になっている物件のお片付け・整理・清掃・庭木の剪定、伐採から除草・リノベーション・解体までさせて頂きます。
プロアシストでは、空き家に関するお悩みを一手に解決する事が可能です。
もし空き家の整理にお困りの場合には、まずは無料お見積もりにてご連絡下さい。
空き家の状況に合わせた最適なプランをご提案させて頂きます。

このような事でお困りではありませんか?
  • 親が亡くなり、実家の空き家を何とかしたい。
  • 空き家を所有することになり整理したい。
  • 空き家の片付けに何日もかけられない。
  • 空き家を整理して、また住めるようにしたい。
  • 遠くに引っ越した為、空き家の管理が出来ない。
  • 土地を有効に活用したい(売却、貸したい)。
プロアシストなら
核家族化が生んだ空き家問題

近年、「空き家」が深刻な社会問題になり、平成27年2月26日 『空き家対策特別措置法』が施工されました。
この特別措置法は、自治体が固定資産税の課税情報を利用し、空き家の所有者を特定することが可能に、また立ち入り調査や、罰金徴収、強制的な撤去も可能になりました。
更地にするより空き家の方が、税率が低くなる税制も撤廃され、空き家対策が本格化しています。

空き家対策特別措置法はすべての空き家に適用しているのではなく、下記のような空き家に対して措置法が適用される事が考えられております。

  1. そのまま放置すれば倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態
  2. そのまま放置すれば著しく衛生上有害となるおそれのある状態
  3. 適切な管理が行われていないことにより著しく景観を損なっている状態
  4. その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態

上記の様な空き家は、『特定空家等』という部類になり、自治体より改善への指導や勧告などを受ける事になる可能性があります。

全国の住宅総数6063万戸のうち、820万戸が空き家だと言われています。

※資料:総務省統計局「住宅・土地統計調査結果」
http://www.stat.go.jp/data/jyutaku/

年々、空き家件数が急増しており、いわばブーム的 側面も強く、そうした風潮に流されない冷静な現状把握と対応が必要であると思います。

管理水準の低下した空き家や空き店舗が周辺に与える影響として、 「風景・景観の悪化」
「衛生面の悪化」
「防災・防犯機能の低下」
「ゴミなどの不法投棄等を誘発」
「火災の発生を 誘発」
「建物の老朽化が進み崩壊の危険性」
などがあります。

プロアシストの空家整理とは

少しでもご依頼者様のご負担を軽減して頂くためにも、お片付けから解体・リフォーム・売却、まで一括してプロアシストにて承ることも可能です。
まずは、無料お見積りにてご相談下さい。
お見積りにお伺いさせて頂いた担当者が、ご依頼者様のご意向を、親身になってご相談を受けさせて頂きます。
また、ご依頼者様にご納得して頂ける、プラン・サービスをご提案致します。

空き家整理 ビフォー・アフター




空き家整理 作業の様子